Yagishta's Web site Flowers & Walking
PART1
 
        
 
     
 
 
 
庭園の花めぐり
 
東京
 
 
 
神奈川
 
 
奈良
 
沖縄
 
 

神奈川 横浜 三渓園

神奈川県横浜市にある三渓園は、美術愛好家として知られる実業家(生糸貿易)の原三溪(本名 富太郎)によって、横浜市中区本牧につくられた広さ18万平方mの日本式庭園で、明治39年(1906年)に公開されました。
この庭園の特色は、四季折々の自然の景観の中に、京都や鎌倉から集められた歴史的建造物等が巧みに配置されているところにあります。園内には、国指定重要文化財建造物が10棟、市指定有形文化財が2棟あります。
園内には四季を通していろいろな花が咲いており、寒梅会、観桜会、さつき展、早朝観蓮会、朝顔展、菊花展など花に関するイベントが多く開催されています。
開園当時からの梅の名所で、下村観山が描いた「弱法師」のモデルになった臥竜梅の古木があります。中国・上海市から寄贈され、萼が緑色のため花が緑に見える緑萼梅という梅もあります。
1998年3月、三渓園に咲くウメ、サンシュユ、トサミズキの花です。

 
 
ウメ
 
臥竜梅   緑萼梅
 
サンシュユ   トサミズキ

 
Copyright (C) 1997-2009 Yagishita. All Rights Reserved.