Yagishta's Web site Flowers & Walking
PART1
 
        
 
     
 
 
 
庭園の花めぐり
 
東京
 
 
 
神奈川
 
 
奈良
 
沖縄
 
 

東京 新宿御苑

新宿御苑は、皇室の庭園として造られた所ですが、第二次大戦後に国民公園として一般に公開されました。明治時代の代表的な名園で、フランス式の整形庭園、イギリス式の風景庭園、日本庭園の三つの庭園様式が組み合わされています。桜の名所で周縁には75種、1,500本の桜が植えられており、2月中旬のカンザクラにはじまり、4月上旬のソメイヨシノ、4月中旬の八重咲きのサトザクラとつぎつぎに桜の花が咲き続けます。
園内には多くの花木、野草、草花が植えられており、スイセン、ハクモクレン、サクラ、ツツジ、シャクナゲ、バラ、キク、サザンカなどをはじめ、四季を通していろいろな花が観賞できます。
1998年11月の御苑は、ユリノキやイチョウなどが黄葉し、サルビア、ツワブキ、キクの花が咲いていました。

     
 
ユリノキの黄葉
(イギリス風景式庭園)
  ユリノキの黄葉
(玉藻池付近)
 
黄葉
(玉藻池)
 
ツワブキ   ハボタン
 
サルビア・レウカンサ
(温室前花壇)
  キク
(日本庭園)

 
Copyright (C) 1997-2009 Yagishita. All Rights Reserved.