Yagishta's Web site Flowers & Walking
PART1
 
        
 
     
 
 
 
花の寺散策
 
神奈川
 
 
 
 
 
 
 
 
奈良
 
 
 
 
 

奈良 室生 大野寺

大野寺は、681年(白鳳9年)に役小角が開いたと伝えられる古寺です。真言宗室生寺派の寺で「室生寺の西門」といわれています。大野寺の前を流れる宇陀川の対岸に屹立する大きな岩に弥勒磨崖仏が彫られています。鎌倉初期の1207年(承元元年)に彫られたもので、仏身の高さは11.5mあり、日本の線刻磨崖仏として最大のものです。
境内には、マンサク、ロウバイ、ハナスオウ、ツワブキ、シュウメイギクなど約50種類の花が植えらていて、四季を通して花を楽しむことができます。特に樹齢300年といわれる2本の枝垂桜は、見事だといわれています。
1998年11月の境内は、シキザクラ、ツワブキ、ホトトギスが咲き、紅葉がはじまっていました。

 
 
弥勒磨崖仏
 
シキザクラ   紅葉とシキザクラ
 
ツワブキ   ホトトギス

 
Copyright (C) 1997-2009 Yagishita. All Rights Reserved.