Yagishta's Web site Flowers & Walking
PART1
 
        
 
     
 
フラワーウォッチング               
 
 
 
サクラ
 
多摩森林科学園の
サクラ
 
 
 
 
 

サクラ 多摩森林科学園


多摩森林科学園 サクラ

サクラは、バラ科サクラ属サクラ亜属に属する落葉性の樹木です。日本には、ヤマザクラ、オオシマザクラ、エドヒガン、マメザクラ、チョウジザクラ、オオヤマザクラ、カスミザクラ、タカネザクラ、ミヤマザクラの9種が自生しています。台湾原産のカンヒザクラと中国原産のシナミザクラを加えた11種の桜の組み合わせによりいろいろな雑種が生まれ、さらにそれから新しい桜がつくりだされました。現在サクラの品種の数は、400以上あるといわれています。
花の基本的な形態は、花弁が5枚、雌しべ1個、雄しべ30〜40個で、一重咲きと呼ばれています。何らかの原因で、雄しべが花弁に変化し300枚以上の花弁がある品種もあります。半八重の花弁は7〜10枚、八重の花弁は11〜60枚、菊咲花弁は61枚以上です。
東京都八王子市にある多摩森林科学園のサクラ保存林には、約250品種、2,000本のサクラが植えられています。早咲きの桜は2月下旬から咲き始め、遅咲きの桜は4月下旬から咲き始めます。5月上旬までいろいろな品種が、順次開花します。また秋咲きの桜は、10月中旬から11月中旬に咲きます。多摩森林科学園に咲くサクラの花々です。

 
Copyright (C) 1997-2009 Yagishita. All Rights Reserved.