Yagishita's Web site Flowers & Walking
PART1
 
              
 
 
 
イベントを訪ねる
 
鶴岡八幡宮
 
 
 
 
 
長勝寺
 
鶴岡八幡宮・
荏柄天神社・鎌倉宮
 
 
 
 

鶴岡八幡宮 靜の舞

1185年(文治元年)源義経の愛妾である白拍子静御前は、雪の吉野山中で義経にはぐれ幕府軍に捕らえられ、鎌倉に送られました。
翌1186年(文治2年)4月8日靜は、八幡宮の回廊で頼朝・政子夫妻に舞を命じられました。靜は、「よし野山みねのしら雪ふみ分けていりにし人のあとぞこいしき」とまず歌を吟じ、次に別物の曲を歌った後、「しつやしつしつのをだまきくり返し昔を今になすよしもがな」と和歌を吟じて、舞いました。
反逆の義経を慕い別れの曲歌を歌う靜に、頼朝は激怒しましたが、政子は「あなたが流人として伊豆におられたとき、暗夜に迷い、深雨をしのぎ、あなたの所に行きました。また石橋の戦場に出かけた時、ひとり伊豆山に残り留まって、あなたの存亡を知らないで、日夜魂を消していました。その愁は、今の靜の心と同じです。義経の多年の好を忘れて恋い慕わなければ、貞女の姿ではありません」と頼朝を宥めました。
毎年4月に行われる鎌倉まつりでは、第2日曜日に鶴岡八幡宮舞殿で「静の舞」が奉納されます。2000年、ミレニアムの4月9日に花柳流による“靜の舞”が、奉納されました。

     
 
“靜の舞”の奉納が始まります   靜の舞
 
靜の舞   靜の舞
 
靜の舞   “靜の舞”の奉納が終わります
 
舞が終わり記念撮影です   記念撮影

 
 
Copyright (C) 1998-2009 Yagishita. All Rights Reserved.