Yagishita's Web site Flowers & Walking
PART1
 
              
 
花を訪ねる                        
 
 
 
花の寺ウォーキング
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

冬の花 1998年12月

初冬12月の鎌倉の寺は、どこの寺でも水仙が咲き始め、山茶花と寒椿が咲いています。また、千両と万両の実が、色づいています。12月上旬〜中旬には、イロハカエデの紅葉を見ることができます。

ウォーキングコース
鎌倉駅 浄光明寺 海蔵寺 建長寺 瑞泉寺 鎌倉駅

浄光明寺

泉谷山浄光明寺は、京都の真言宗泉桶寺派に属する寺です。真阿和尚を開山、鎌倉幕府六代執権の北条長時を開基として1251年(建長3年)に創建されました。この寺では、秋の萩と冬の水仙がみごたえのある花です。冬に咲く主な花は、スイセン・ウメです。

 
紅葉
 
マンリョウ   スイセン
 

海蔵寺

扇谷山海蔵寺は、臨済宗建長寺派の寺院です。鎌倉時代に七堂伽藍が焼失した後、1394年(応永元年)に鎌倉公方足利氏満の命により、上杉氏定が心昭空外を招いて再建しました。薬師堂は1776年(安永5年)に浄智寺から移したもので、薬師像の顔を胎内に納めた薬師如来像(別名啼薬師)が祀られています。簡素な境内には四季折々の花が咲き、いつ訪れても見ることができます。冬に咲く主な花は、サザンカ・ウメ・フクジュソウ・センリョウ・マンリョウです。

     
 
紅葉   サザンカ
 
マンリョウ   センリョウ
 
カンツバキ   スイセン
 

建長寺

巨福山建長興国禅寺は、鎌倉五山の第一位の臨済宗建長寺派の大本山です。北条時頼が1253年(建長5年)に宋から高僧蘭渓道隆を招いて建立したわが国最初の禅寺です。総門・三門・仏殿・法堂などの主要な建物が中軸上に並ぶ禅宗様伽藍配置になっています。仏殿の前にある樹齢約730年のビャクシンの古木に、寺の歴史を感じます。冬に咲く主な花は、ユキワリソウ・サザンカ・ウメです。

     
 
紅葉   センリョウ
 
サザンカ   スイセン
 

瑞泉寺

錦屏山瑞泉寺は、臨済宗円覚寺派の寺院です。鎌倉時代末期の1327年(嘉暦2年)に夢窓国師によって開かれた寺です。本堂裏には、夢窓国師が作られた鎌倉に存する鎌倉期唯一の禅の庭園があります。鎌倉を代表する「花の寺」で、百種類をこす花木や草花があり、四季を通じて咲き続けています。冬に咲く主な花は、サザンカ・ウメ・スイセン・フクジュソウ・ツバキです。

     
 
紅葉   カンツバキ
 
センリョウとマンリョウ   スイセン

 
 
Copyright (C) 1998-2009 Yagishita. All Rights Reserved.