Yagishita's Web site Flowers & Walking
PART1
 
              
 
花を訪ねる                        
 
 
 
花の寺ウォーキング
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

夏の花 1999年7月

盛夏7月の鎌倉に咲く花は、ハスとノウゼンカズラです。鎌倉一のハスの寺は光明寺で、記主庭園の池にベニバスが植えられています。妙本寺では、ノウゼンカズラが鮮やかなオレンジ色の花をつけています。サルスベリ、ムクゲ、ユリなどの花も咲いています。

ウォーキングコース  
鎌倉駅 大巧寺 本覚寺 妙本寺 光明寺 鎌倉駅

大巧寺

長慶山大巧寺は、日蓮宗系の単立寺院です。開山は日澄で、本尊は産女霊神です。大巧寺五世の日棟上人が産婦の幽魂を鎮めたところから、「おめんまさま」といい、安産のお守りをだしています。境内に植えられている花の種類が非常に多く、四季を通していろいろな花を観賞できます。夏に咲く主な花は、ハス・サルスベリ・アジサイ・ルソウコウ・ナツズイセンです。

 
カンレン
 
ハマボウ   ムクゲ
 

本覚寺

妙厳山本覚寺は、日蓮宗の寺院です。日出上人を開山として1436年(永享8年)に創建されました。足利持氏が鎌倉の夷堂があった場所に寺を建てて日出上人に寄進した寺院です。夷堂は、五十世の貝山住職により昭和56年3月に再建されました。夷堂には、鎌倉・江の島七福神の夷尊神が祀られています。境内には、たくさんの花木が植えられており、美しい花を咲かせています。夏に咲く主な花は、ハス・サルスベリです。

     
 
スイレン   サルスベリ
 

妙本寺

長興山妙本寺は、日蓮宗の寺院です。日朗を開山として1260年(文応元年)に創建されました。もとは比企能員の屋敷で、比企一族が、北条氏を中心とする大軍に攻められ、滅ぼされた地でもあります。その後、比企大学三郎能本が日蓮のためと比企一族の霊を弔うためお堂を建たのが始まりといわれています。二門(総門と二天文)、二堂(本堂と祖師堂)形式を備えた日蓮宗独特の伽藍配置を持つ寺院です。老杉に囲まれ、境内は森閑としています。カイドウは、鎌倉有数の美しさです。夏に咲く主な花は、アジサイ・ノウゼンカズラ・フヨウです。

     
 
ノウゼンカズラ   ノウゼンカズラ
 

光明寺

天照山蓮華院光明寺は、浄土宗の大本山です。執権北条経時公の開基により1243年(寛元元年)に創建されました。境内には、蓮池のある記主庭園と、枯山水の三尊五祖来迎の庭があります。夏に咲く主な花は、ハス・サツキ・アジサイ・ユリです。

     
 
ハス   ハス
 
ムクゲ   ユリ

 
 
Copyright (C) 1998-2009 Yagishita. All Rights Reserved.