Yagishita's Web site   Flowers & Walking
PART1
 
              
 
  名所・旧跡を訪ねる         
 
           
 
 
 
鎌倉五山
 
 
 
 
 
 
 

円覚寺

瑞鹿山大円覚興聖禅寺は、臨済宗円覚寺派大本山で鎌倉五山第二位の寺院です。およそ700年前、日本は文永・弘安の二度にわたる蒙古軍の来襲を受けました。この蒙古の大軍を撃退した時の執権北条時宗が、文永・弘安の両役の彼此両軍戦死者を慰霊するため、無学祖元(仏光国師)を招いて1282年(弘安5年)に創建しました。円覚の寺号は、この地から石櫃に入った「円覚経」が出たことに由来してます。
洪鐘は、1301年(正安3年)に9代執権北条貞時が国家の安泰を祈って寄進しものです。鎌倉時代の代表的な梵鐘で、国宝に指定されています。
約6万平方mという寺域は、全体が史跡に指定されています。緑深い山ノ内の谷戸に抱かれた境内には、いつ訪れても美しい花が咲いています。

     
 
山門   仏殿
洪鐘

 
 
Copyright (C) 1998-2009 Yagishita. All Rights Reserved.