Yagishita's Web site Flowers & Walking
PART1
 
              
 
名所・旧跡を訪ねる         
 
           
 
 
 
歴史散策 鎌倉幕府
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鶴岡八幡宮 舞殿

舞殿は、本宮への石段の前に建つ入母屋造りの建物で、下津殿が正式名です。ここには、舞の名手で義経の愛人であった静御前の悲しい逸話が残っています。吉野山で捕らえられた静御前は、頼朝に舞の奉納を命ぜられ、「吉野山みねのしら雪ふみ分けていりにし人のあとぞ恋しき」と義経を慕う歌を詠み舞いました。それが頼朝の怒りをかい、義経の子と自らの生命を失う悲劇が生まれました。毎年4月の鎌倉まつりでは、第2日曜日に、この舞殿で「静の舞」が奉納されます。

 
舞殿

 
 
Copyright (C) 1998-2009 Yagishita. All Rights Reserved.