Yagishita's Web site Flowers & Walking
PART1
 
              
 
名所・旧跡を訪ねる         
 
             
 
 
 
歴史散策 日蓮上人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

歴史散策 日蓮上人




日蓮上人は、1222年(承久4年)の春、安房国長狭郡東条郷小湊の漁夫の子として生まれました。12才の時、安房清澄山で仏道に入りました。その後、鎌倉・比叡山など各地の諸山・諸寺を歴訪し修行を積み、1253年(建長5年)清澄山に戻り、日蓮宗を開きました。しかし、法華経が唯一の正しい教えだとして他宗を激しく攻撃・排斥したので、領主に追われてしまいました。
1253年(建長5年)に鎌倉に入った日蓮上人は、松葉ヶ谷に小さな草庵を建てました。日蓮上人が最初に草庵を結んだ所と伝えられる寺が3つあり、妙法寺、安国論寺そして長勝寺です。日蓮上人は、この草庵から毎日小町大路の街頭に出て、道行く人々に辻説法を行って法華経の教えを熱心に説いていました。当時の鎌倉では、地震・暴風雨・干魃などの大規模な自然災害や疫病が続発しており、不安と恐怖におののく人々を救おうとして辻説法する日蓮上人の教えは、信者を増やしていきました。
1260年(文応元年)、日蓮上人は「立正安国論」を著して前執権北条時頼に建白しました。天変地異の実状と原因を問答形式で示したもので、邪教の流行が異変の原因だと他宗を痛烈に批判し、治国安民のためには邪教を退け、法華経を唯一正しいものと信仰せよ、法華経の教えによらなければ他国侵逼難が国を襲うと警告しました。
北条時頼はこれを無視しましたが、過激な布教活動により信者が増える反面、幕府をはじめ他宗などからの迫害はより激化しました。松葉ヶ谷の草庵焼き討ちにされ、1261年(弘長元年)に、幕府は日蓮上人を捕らえて伊豆に配流されました。
1263年(弘長3年)、伊豆流罪を解かれて鎌倉に戻った日蓮上人は、布教活動を再開しました。1268年(文永5年)に蒙古より使者が来て国交を要求される出来事があり、幕府に再び「立正安国論」を差し出し、法華経による精神思想の統一を求め、蒙古来襲を警告しました。1271年(文永8年)、再び幕府は日蓮上人を捕らえ、龍ノ口刑場で処刑することになりました。しかし処刑寸前に、天にわかにかき曇り烈風強雨・天地振動する怪現象が起こり、死罪を免除され佐渡に配流されました。
1274年(文永11年)、赦免によって佐渡から戻った日蓮上人は、鎌倉の夷堂に滞在した後、甲斐国の身延山に入って久遠寺を建立し布教を再開しました。その数ヶ月後と1281年(弘安4年)に、2度にわたる蒙古来襲があり、日蓮上人の予言が的中しました。1282年(弘安5年)、日蓮上人は武蔵国池上で病により60才で激動の生涯を閉じました。

 
 
Copyright (C) 1998-2009 Yagishita. All Rights Reserved.