Yagishita's Web site Flowers & Walking
PART1
 
              
 
名所・旧跡を訪ねる         
 
           
 
 
 
歴史散策 北条時宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 

明月院

福源山明月院は、臨済宗建長寺派に属する寺です。首籐刑部太夫山ノ内經俊が、1160年(永暦元年)に平治の乱で戦死した父首籐刑部大輔俊道の菩提供養として明月庵を創建しました。その後1256年(康元元年)に、北条相模守時頼によって、この地に最明寺が建立され、のちに時頼の子時宗が、最明寺を前身として福源山禅興仰聖禅寺を再興しました。
足利三代将軍義満天下の時、大寺院を選ぶにおいて禅興寺を関東十刹の一位とし、明月庵は、「明月院」とあらためられました。禅興寺は、明治初年廃寺となり、「明月院」のみ残し今日に至っています。
明月院の境内には、北条時頼の墓所と時頼廟があります。

     
 
本堂   本堂茶室の丸窓からの紅葉
 
北条時頼の墓所   時頼廟

 
 
Copyright (C) 1998-2009 Yagishita. All Rights Reserved.