Yagishita's Web site Flowers & Walking PART1
 
              
 
名所・旧跡を訪ねる         
 
           
 
 
 
鎌倉・江の島七福神
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

江島神社 江の島弁財天

もとは弁才天で、詩歌・音楽をつかさどる女神です。美音天、妙音天、大弁功徳天、弁天などともいい、薩羅薩伐底(さろさばてい)と音写します。
インドで古く川・弁説・学問の神として信仰されました。仏教では、その無限の弁才によって仏法を流布し、人間に幸福と子孫をもたらす神とされています。吉祥天と共にインドで最も尊崇された女神で、後世、吉祥天と混同し福徳賦与の神として弁財天と称されました。
日本では、池・川などの水辺に祭られ、江戸時代に七福神の一つになりました。形象には、八臂で左手に弓・刀・斧・羂索・を、右手に箭・三鈷戟・独鈷杵・輪を持ったものと、二臂で琵琶を弾くものとがあります。
この相模の江の島弁財天は、安芸の宮島・近江の竹生島と共に日本三大弁財天です。辺津宮横の八角のお堂「奉安殿」に、江島神社の本尊である裸弁財天が祀られています。また、この奉安殿には、源頼朝が寄贈したといわれる八臂弁財天も安置されています。

     
 
奉安殿   奉安殿

 
Copyright (C) 1998-2009 Yagishita. All Rights Reserved.