Yagishita's Web site Flowers & Walking PART1
 
              
 
名所・旧跡を訪ねる         
 
           
 
 
 
鎌倉・江の島七福神
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鎌倉・江の島七福神


七福神は、夷、大黒天、弁財天、毘沙門天、布袋、福禄寿、寿老人をいい、福神信仰に由来するものです。中国の竹林の七賢人などにならって、インドや中国における信仰を日本的に組み合わせてできあがったものです。七福神は多く船に乗った姿で表されますが、七福神乗合船といいます。室町時代の中頃に、僧秋月が鍾馗・大黒・福禄寿・布袋が小舟に乗り、唐子二人が棹さしている図を描いたのが最初であるといわれているそうです。
これらの福神を参詣して回ると除災招福、諸願成就がもたらされるということで、江戸時代に正月の行事として一般化しています。現在では、正月に限らず参詣されています。
鎌倉・江の島七福神は、江戸時代から人気の由緒ある尊像ぞろいです。浄智寺の布袋尊、鶴岡八幡宮の旗上弁財天、宝戒寺の毘沙門天、妙隆寺の寿老人、本覚寺の夷尊神、長谷寺の大黒天、御霊神社の福禄寿、江島神社の江の島弁財天で、弁財天が2つあります。

 
Copyright (C) 1998-2009 Yagishita. All Rights Reserved.