Yagishita's Web site Flowers & Walking
PART1
 
              
 
 
 
自然を訪ねる
 
 
 
 
 
 
 
 

大仏ハイキング

大仏ハイキングコースは、新大仏坂トンネルの南側にある大仏坂体育館横から源氏山公園に至る約1kmのコースで、約30分で歩くことができます。木々の緑や野草の花々などの自然を楽しみながら歩くコースです。樹間からは、大仏の後ろ姿や由比ヶ浜の海を見ることもできます。2000年4月のハイキングです。

     
 
オオイヌノフグリ   タンポポ
ハイキングコースの入り口付近には、春の花であるオオイヌノフグリのルリ色の花が、たくさん咲いていました。   ハイキングコースの入り口付近で、春の陽光を受けて咲くタンポポの花です。
 
ムラサキケマン   ヤマザクラ
ムラサキケマン(紫華鬘)は、ケシ科の越年草です。華鬘は、仏堂の内陣の欄間などにかけられている、花鳥・天女などを透かし彫りにした金銅製の装飾品です。花のつき具合が華鬘を連想させ、花色が紫色なのでこの名があります。お寺の多い古都鎌倉にふさわしい花です。   ヤマザクラは、日本の南半分の低山地に自生しているサクラです。春4月初旬の大仏ハイキングコースの尾根道は、ヤマザクラが満開です。
 
キブシ   タチツボスミレ
キブシ(木五倍子)は、キブシ科の落葉低木で山地に自生しています。雄花は、黄色の穂状花序で下に垂れ下がります。雌花は、帯緑黄色で小形の花序を出します。   タチツボスミレも咲いています。
源氏山公園の桜
ハイキングコースのゴールは、源氏山公園です。鎌倉の桜の名所で、春には花見客で賑わいます。

 
 
Copyright (C) 1998-2009 Yagishita. All Rights Reserved.