Yagishita's Web site Flowers & Walking
PART1
 
              
 
 
 
自然を訪ねる
 
 
 
 
 
 
 
 

祇園山ハイキング

   
祇園山ハイキングコースは、東勝寺跡から八雲神社に至る約1kmのコースで、約40分で歩くことができます。東勝寺跡の左手には、北条高時切腹やぐらがあり、ここからスタートとします。緑豊かな山道を歩いていくと、祇園山の頂上に着きます。1999年5月の山道には、シャガ、ニガナ、ウツギの花が咲いていました。山頂の広場からは、鎌倉の町並みを見渡すことができます。崖沿いの道を下ると、ゴールの八雲神社に着きます。

     
 
東勝寺跡   北条高時腹切りやぐら
東勝寺は、北条泰時が創建した北条氏の菩提寺です。14代執権北条高時は、現在の宝戒寺の地に執権邸を構えました。新田義貞の鎌倉攻めにより、高時は一族郎党とともに執権邸を脱出し東慶寺にこもりました。しかし北条一族最後の時がきたことにより、北条高時以下次々に切腹していったといわれています。北条一族の滅亡とともに、鎌倉幕府の歴史は終わりました。   山腹や山麓の岩肌に洞窟を掘る「やぐら」は、鎌倉地方に特有のに残る墳墓窟のことです。やぐらは、この地方の言葉で岩倉(いわくら)がなまったといわれています。北条高時腹切りやぐらは、東勝寺跡の石碑そばの崖にあります。東勝寺で鎌倉幕府最後の執権高時以下870余名が自害し、その遺骨を葬った所と伝えられています。
シャガ
ハイキングコースの尾根道の両側には、シャガの花が咲いていました。
 
ニガナ   ウツギ
尾根道の途中で、ニガナの花の群落に出会いました。    ウツギは、尾根道の途中と祇園山の山頂付近で咲いていました。 
 
祇園山からの展望   八雲神社
祇園山頂上の広場からは、鎌倉の町並みを見渡すことができます。   山頂から崖沿いの道を下ると、ハイキングコースのゴールの八雲神社です。八雲神社は、鎌倉最古の厄よけ神社です。

 
 
Copyright (C) 1998-2009 Yagishita. All Rights Reserved.