Yagishita's Web site Flowers & Walking
PART1
 
          
                
         
 
 
 
花の都フィレンツェ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



ミケランジェロ広場から見た
フィレンツェの街

フィレンツェ(Firenze)は、美しいアルノ川が東西に流れる街で、トスカーナ州の州都です。メディチ家統治時代の14世紀〜16世紀にルネッサンスが誕生した街です。フィレンツェが「花の都」と呼ばれるのは、古代ローマ時代の地名フロンティアが、”花が咲いた”という意味であることに由来するといわれています。フィレンツェは、屋根のない博物館ともいわれ、歴史的な建築物や彫刻などの芸術作品が残っています。
世界遺産に登録されているフィレンツェ歴史地区は、フィレンツェの街の中心部にあり、歴史的な街並みが広範囲に集中的に保存されています。 アルノ川の北側が街の中心地で、花の聖母教会ドゥオーモとジョットの鐘楼、市庁舎であるヴェッキオ宮、ボッティチェッリの作品が展示されているウフィツィ美術館、メディチ家ゆかりのサン・ロレンツォ教会、ミケランジェロも眠るサンタ・クローチェ教会、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会があります。アルノ川の南側には広大なボーボリ庭園を持つピッティ宮(パラティーナ美術館)、サント・スピリト教会、フィレンツェの街が一望できるミケランジェロ広場などがあります。

 
 
Copyright (C) 2005 Yagishita. All Rights Reserved.